豆腐マイスター認定講座を受講して、豆腐マイスターになります。一回目

豆腐マイスター認定講座を受講して、豆腐マイスターになります。一回目

1月 30 2016 - 色々TRY
Pocket

今年は認定資格の取得に励もうかなと、何となく考えていて、まずは「豆腐マイスター」に決め、本日初回の講座を受けにいってきた。

 

認定資格とは

そもそも認定資格とは何なのかというと、ある民間団体が独自に一定の基準を設け、希望する個人に与える資格である。

それを取得する個人の目的としては、多くの場合、スキルアップやステータスを高めることを目的とている場合が多い。

また、取得した個人は、その分野における専門的知識を満たしている証となるため、広告やブランド戦略として取得を目指すこともある。

 

習得方法

食べ物系の認定資格の取得方法は、団体によっても様々で時間や金銭的にも負担が少ないものだと、団体が推奨するテキストで自学し、テストに合格したら資格認定されるといった手軽なものもある。

今回の豆腐マイスターの認定講座については、団体が認める講師の教室に行き、二日間、10時半~16時まで勉強して、最終日に行われるテストに合格すると、めでたく「豆腐マイスター」として認定されるのだ。

カリキュラムは、4部構成になっていて、二日間の講義では2人~3人の講師によって行われ、参加の生徒数は、本日は七名とかなり贅沢講義である。(教室サイズによって変動があるようだ)

  • 「選べる」=豆腐の知識を得た上で選ぶ→テキストを用いて講師から学ぶ
  • 「使える」=料理に使う力→実際に皆で料理を作って試食する。
  • 「つくれる」=大豆から豆腐を作る→プロの技術を学び試食する。

といった、三本柱になっているから、盛りだくさんでめちゃくちゃ楽しい。

ちなみに料金は、二日間で36,000円(税別)となっているが、お料理教室(食費)を含んでいるので、かなりお得だと思う。

 

私が行った教室

今回教えていただいた先生は、マクロビの料理家、石松 利佳子先生である。石松 利佳子

実はこちらの先生は、二年ほど前の一年間~一年半、先生が美しすぎるといった理由で、私が足繁く通わせていただいた教室なのだ。

いま写真をみても正直、美しすぎる・・・・・・

また、来ている生徒もやたらとキレイな人ばっかりだったんだよね。なんでだ?

昨年末に『豆腐マイスター』になりたいと考え、直接連絡を差し上げ、2016年の開催日決定前から予約をさせていただいたのだ。

もうお一方、座学面の美しい先生がいたのだが、本日お目に掛かったばかりなので、写真を勝手に拝借するのは止めておいた。

 

本日の写真

2016-01-30 11.15.54

国産大豆(在来種)

在来種とは=ある地方の風土に適し、その地方で長年栽培されているもの。現在日本国内においては300種類程度あるそうだ。

2016-01-30 11.08.26

豆腐の作りやすい大豆品種があるんだって(推奨品種という)

馴染みのある豆腐や大豆のことなのに知らないことだらけで、ビックリしてしまった。この講座かなりお薦め。

 

2016-01-30 11.15.232016-01-30 11.47.21

知識を得た上で食べ比べをしたので、味の違いが頭と舌で理解できた。金賞受賞のお豆腐も試食。

 

2016-01-30 13.10.052016-01-30 12.56.362016-01-30 12.46.312016-01-30 13.57.29

教えていただきながら、皆で作業分担して作った五品。

2016-01-30 13.58.59

  • 豆腐チーズのピンチョス=塩麹漬けにするとチーズのように
  • おからポテトサラダ風=マヨネーズの代わりに豆乳ヨーグルトを使用。とってもクリーミー。
  • スパニッシュオムレツ風=お豆腐と山芋で出来ている、黄色になっているのは卵じゃなくてターメリック。
  • カブのファルシのスープ=中身がレンコンまんじゅう風でめちゃくちゃ美味しかった。おからパウダー入り
  • おから餃子=お肉の代わりにおからが入っている。もう何これ!っていうくらい美味しかった。

2016-01-30 15.15.21

おやつは、利佳子先生が事前に作っていてくれた、ブラウニー。チョコレートナシで、主材料はおからと玄米粉。めちゃくちゃ美味しかったので、覚えるまで作り倒すこと決定レシピ。

おからクッキーは、歯が欠けそうなくらい堅めで、超私好み。パッケージも好み。

2016-01-30 15.19.48

と、明日も講義なので、この辺で。

今日は美しい生徒さんばかり来ていたのに、うっかり写真を撮り忘れてしまった。明日は忘れずに撮影しよう。

 

今日のありがとう☆☆☆

今日の講座でご一緒させていただきました皆様、楽しく学べました。ありがとうございます!

The Author