海で泳げるようになりたいなら、海人くらぶ(うみんちゅ)に行け!

海で泳げるようになりたいなら、海人くらぶ(うみんちゅ)に行け!

12月 21 2016 - 1,未分類記事
Pocket

今年の夏は2回アクアスロンという競技で、海を泳ぎ、そのあと走るといったレースに出た。泳ぐ距離は1回目の大会が1キロで2回目が500メートル。

練習で海を泳いだのは、1日1回でカウントすると、たぶん8回くらい。

もう、日焼け対策が大変で、目出し帽で泳ぎたいくらいだった。

お陰で今年はようやく海で泳ぐのは楽しいと思えるようになり、最近はプールで何度か、水の流れが自分の泳ぎ方を教えてくれるような感覚があった。

DSC_1246_2500_original

そんな私も2年半前まではカナズチだった(犬かきぐらいはできたけど)

トライアスロンに出ると決めてから、友人のマスタロのススメでスイミングクラブに入会。

カナズチ→ケノビ・ビート板→息継ぎができる→25メートルを人生初泳ぎ切り、今では週に1回は、1.5キロ~2キロは泳ぐようになった。

元々泳ぐ目的がトライアスロンだったので、入会したスイミングクラブは、

「海で泳ごう長く泳ごう」がキャッチフレーズの海人くらぶ(うみんちゅと読む)

「くらぶ」がひらがなで書いてあるところが、なんとなく歴史を感じる。

それもそのはず、創業メンバーの代表者は、昭和57年ドーバー海峡35kmを9時間32分で遠泳横断日本人初の公認記録となる。同年、女性初の鳴門海峡横断に成功。

と、なんだか凄すぎてよく分からない記録保持者。ちなみにこの方も現役で指導してくれる。

私が毎週指導を受けているコーチもオーストラリア・パース沖 「ロットネスト海峡横断20kmレース」 をソロ5回完泳。

1回じゃなくて、5回だし。そんな凄い女性たちなので、トライアスロンで有名な白戸太朗氏のことを「たろうちゃん」なんて呼んだりする。

 

このようなプロが指導してくれるのに料金は良心的。

会員年会費(1月~12月)=1万円

会員になるとプライベートレッスン30分=2,500円

会員じゃない場合は、体験扱いで30分=3,000円

レッスン場所は、東京辰巳国際水泳場、東京体育館、インドア50、Bumb東京文化館プールなど、主に都内のプールをを練習会場だから、入館費用も安い

ここに入会しておくことのメリットは、会報誌が毎月届くので、シーズンになるとけっこう頻繁に海の練習会が開催され、安全な環境で楽しめる。

距離もガッツリ泳ぐので、トライアスリートもけっこう参加している。今年はアイアンマンも居た。

 

普段の私の練習は、ドライヤーも完備、施設がキレイな東京体育館がいいので、毎週水曜プライベートレッスン枠で、

1時~16時ぐらいの間で、Aさん30分、Bさん60分、私30分といった感じ。なのでこの時間帯に来られる人は、プライベートレッスン枠にまだまだ参加可能なので、ぜひ。

さらに水曜日19時~月に二回、トライアスリート自主トレのレーン貸し切りも(コーチ指導あり)やっているので、トライアスロンの出場が決まったけれど、泳ぎに自信がない人は、海人くらぶは本当にオススメ。

ちなみにカナズチからはじめて、二年半経過の今の私のフォームは、今やプロのスイマーに悪いところが見当たらないと言われるほど、美しいフォームになっているし(自分で見てないけど)

長く泳いでいても苦しさを感じなくなってきたから、たぶんここからタイムも縮められるようになってくると思う。

来年はトライアスロン&アクアスロン頑張ります!(バイクをやらねば!)

 

最後に……私は海人くらぶの単なる会員で、勝手にオススメしています。

IMG_8269_2500_original

The Author