売りたいのにでも売れない。そんなときには『売り物+コンテンツ』

売りたいのにでも売れない。そんなときには『売り物+コンテンツ』

3月 30 2017 - 2,お仕事系
Pocket

むかし出版社さんの仕事を請け負っていたころに、DVD付き書籍が流行ったときがあった。

一年ぐらいの間に六冊ほど制作に関わらせてもらえたので、営業的には嬉しい反面、楽しかったのは最初の一冊ぐらいで、ハードで辛かったという思い出しか残っていない。

ただ振り返って見ると、良い勉強の機会にはなった。

昔からある「物」の売り方を変えるだけで飛ぶように、あるいは高く売れるんだって、知ることができたからだ。

書籍にDVDを付けた売り方は、たんなるオマケを付けただけでなく、コンテンツを付け加えたことで売れたし、流行ったのだと思う(ハズレも山ほどあっただろうが)

性格判断でも、テストのみならず、より詳しく書かれた解説本を付けるとか。

『ストレングスファインダーテスト』も本を買わせてから、その本に付属のパスワードで、サイトにアクセスすると性格診断が可能だとか(どちらがメインかわからんが)

WEBテストのみだと、数百円かもしれないのに、書籍があることで、2,000円近い価格にしても売れる。

だからもし何か売り物があって、売れ行きに伸び悩んでいたら、先ずはなにかコンテンツを付けて売り方を変えられないか?と考えてみるといいだろう。

事例)

  • 単なる苗木屋さんが、部活を作ってコミュニティと一緒に販売したら、高額の苗木で売れるようになった。それ以外の店の商品も同時に売れるようになった。
  • 基礎体温計とアプリを連動させたら、需要を拡大した。
  • 運動器具にDVDエクササイズを付けたら高額で飛ぶように売れた(ビリーザブートキャンプ)とか。

 

昔からある売り物+コンテンツで、魅力的な商品に変わる。

まぁ、それを見つけるのが難しいのだけど。

 

2017-03-20 14.12.18

The Author