若がえり がんばり過ぎて 若づくり あと何年で 止められるのか。

若がえり がんばり過ぎて 若づくり あと何年で 止められるのか。

10月 22 2016 - 1,未分類記事
Pocket

2016-10-21 16.15.09

今日は平日だったが、京都造形大学の短歌と俳句の授業だった。

今回は、金土日と三日連続。今月は本当に授業がありすぎでキツい。

しかしけっこう楽しくて、受講して良かった。一日目の今日は、歌人の笹公人(ささ きみひと)さんが、特別講師で教えてくださった。

そして、本日の私の成果は2首。

 

若がえり がんばり過ぎて 若づくり あと何年で 止められるのか。

 

晩婚化 少子社会の 創り手に 負け犬すらも 死語に感じる

 

歌人にお褒めをいただいき、全部この路線で創作していったら、面白かもと言っていただいた。

さすがに、こればっかりじゃあ

イタすぎだろって感じだが……。

そもそも、『負け犬の遠吠え』をしらない世代がもはや周りにいっぱいいるし。

 

笹先生は、高校生の頃、寺山修司の影響を受け短歌の作歌を目指した。

現在は、歌集『念力家族』のドラマ化、映画出演、テレビ出演、バンドボーカルなど、歌人としては、変わった経歴を持った方だ。

印象的だった話が、そもそも歌人としてのスタートも自分で何かに応募をしたのではなく、17才のときに短歌を作っては、プリントして知人たちに売っていたそうだ。

そして、まだネット創世記と言われたころに、他人の手によって、ネット上に紹介されて、広まった。

それを偶然見つけた編集者が、笹先生を名前から、探し出し訪ねてきててくれたそうだ。
そこから一気に、忙しくなり、そのペースは毎日2首ずつも発表しなければならないというハイペースだった。

しかし、その時点で既に、200編もの短歌を作り貯めていたため、なんとか切らさず発表しつづけられたそうだ。
だからなにかのチャンスのために、書ける時に書き溜めていた方が良いとのことだった。

ということで私も何かのチャンスが来るときのために、小説は毎日書き進めたいと思う。

ただもう、このところけっこう文章アウトプットがキツくなってきた。もう毎日の文量が半端ない。

今日は普通にランニングにでも行って、寝てしまいたいと挫けそうだが。室内バイクしてからテンション上げてから、頑張るわ!

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-10-13 16.27.06

最近、会う人、会う人に写真が変わった、上手くなったと褒めてもらえるようになった。ちょっと嬉しい。

☆毎日書き進める小説600字

二作目小説目標10万字2017年2/5に完成予定

【今日累計35046字/予定誤差-3354字/今日書いた字数41 】

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/

☆今日のありがとう

短歌、俳句の授業がおもしろかった。無理して行って良かった。ありがとうございます!とはいえ、もう単位取得の関係で、休めないから頑張らなくては。

The Author