1年に一つは新しいことをやる

1年に一つは新しいことをやる

7月 2 2017 - 色々TRY
Pocket

1年に一つは新しいことをやっていると、10年20年経つと何も始めなかった人とは大きな差が付く。

5年ぐらい前から、1年に一つは必ず新しいことを始めようと決めた。

そして、一度始めたらできる限り10年は継続する。

年によっては、結果的に数が多すぎて、忙しくなりすぎから、失敗したと思うときもあるけれど、中にはどうしても続かないこともあるので、ちょうど良いのかもしれない。

ちなみに今年は、小説を書いて文芸賞に応募し続けるというのと、慶応文明塾の活動だった。

小説を書き始めたのはおよそ2年前からで、応募し続けるのはまだやっていない(早くやらねば)

慶応の文明塾の活動は、プログラム自体は3ヶ月で終了だけれど、その後月一ぐらいは何らかの活動がありそうなので、これも新しいことの一つに加えてもいいかなぁと思っている。

あとは、メルカリをやろうかと。家の不要な物をひたすら売ろうかと。加えて、お客さんのビジネスに何か活かせたいと思っているのでさっさと売って見なければ。

近年一番はじめて良かったと思うのは、トレランとスイム、ブログの三つ。

トレランを始めてから色々なスポーツを始める切っ掛けになったし、スイムは今や海を泳げるなんて本当に自分でも凄いと思う。

最近は、海が楽しくなったせいかダイビングにも興味が出てきて、数年以内にはトライしてみたいと思う。

昔もダイビングをやってみたいと、プールレッスンまではやって、いざ海のレッスンをやったらCカードもらえるところまで行ったのに、怖すぎていけなかった。

なにせその時点では、完全カナヅチだったので。

だから本当に海が怖くなくなったというだけで、私のこれからのできることが拡がってしまった。

毎年最低一つでも新しいことを始めれば、10年経ったらおそらく15個くらいの新しいことは修得できているのかも?

そうすれば、それによって繋がる人たちも、同時に増えるので、一層楽しくなると思う。

2016-03-29 15.36.12

The Author