横浜マラソン2016 山じゃないけど一応トレラン部の活動

横浜マラソン2016 山じゃないけど一応トレラン部の活動

3月 13 2016 - 1,未分類記事
Pocket

今日は朝から横浜マラソンの応援で楽しめた一日だった。

トレラン部からの出場者は、今年も二名(昨年も二名)しかも当たったフルマラソンも今年は横浜のみだったのだ。

出場者はおよそ2万4000人。気温は10度前後で、風もあって曇りだったし、体感温度は昨年よりもずいぶんと寒く感じた。

2016-03-12 14.22.03

ベイブリッチも寒そうに見える。

実際に走って来た二人も終始寒かったとのことだった。

今年の選手達の出足は早く、7時ちょっと過ぎでトイレ待ちの列が出来ていた。

2016-03-13 07.25.08

 

 

左側が三沢さんで右側が林口さん、二人とも大学院の友人でトレラン部のメンバーだ。

昨年は林口さんと二人での出場だったのだけど、林口さんは、昨年は東京マラソンも当たっているので、かなりくじ運が強いかも。

2016-03-13 07.49.05

「ゲスの極みポーズ」と言いながら、今回9割はこのポーズ。

彼らのバリエーションの少なさに、毎回がっかりさせられる。

 

2016-03-13 07.49.49

最後の写真撮影をして、早速スタート地点へと向かう二人。

 

2016-03-13 07.50.20

選手以外は柵の中に入れないので、ここで一旦私は家に戻ることにした。

スタートまでは約1時間近くもある。本当は寒いのでギリギリに並びたいところだが、昨年それをやって失敗してしまったのだ。

スタート10分前に並んだら、最後尾からのスタートになってしまって、渋滞が激しく足の遅い私は、35キロ地点で関門に引っかかってしまったのだ。

 

2016-03-13 08.16.02

でも今年は二人とも定位置からのスタートが出来たようで良かった。

開幕宣言は暖かい家の中でテレビで確認。

2016-03-13 08.47.51

二人の走っている姿を撮影しようと、再び外に出て、事前に打ち合わせをしていた撮影ポイントに行くも、警備の人に止められて行くことができなかった。

断念してパシフィコ横浜前に移動したけれど、もの凄い人の数で探し出せなかった。残念。

 

 

2016-03-13 09.10.17

同じ失敗をしないようにと、フィニッシュ現場の事前確認。

この位置から戻って来た二人に声をかけてフィニッシュ後に振り返ってもらえば撮影が出来るはず!

 

2016-03-13 09.12.47

ゴールをくぐると見えるはずの景色。海も空も寒々している。

再び家に戻って、ネットで中継を見ることに。RUNNETが出している、「応援ナビ」というのがあって、ゼッケンを入れると、五キロ毎に計測地点を通過すると、タイムが更新されていくのだ。

これがあるお陰で応援するのも数倍楽しくなったと思う。

 

 

2016-03-13 09.17.31

 

横浜マラソンは、高速道路を走れるマラソンで景色も良く快適そうなイメージだが、昨年走った感想でいうと、決してそんなことはなく、むしろ過酷。

高速道路の下で日陰になっていて寒く、高速道路上は風が強くて体温をドンドン奪われてしまう。

しかも応援者は高速道路内には入れないし、景色もほとんど見えないために、孤独で自分との戦いになってしまうのだ。

しかも高速道路は傾斜がつけられているので、もの凄く走りにくくて足が痛くなる。

2016-03-13 09.18.16

到着予測時刻の三十分前には行って、撮影ポイントを確保しようかと早めに家を出た。

ところが、ものすんごい人で狙っていた位置は二重三重の人集りで、割り込める隙間もなかったので、下見をした場所は断念。

ゴールをくくった方に移動した。

ちょうど目の前が空いたので、そこで待つことにしたが、

2016-03-13 12.37.17

 

望遠にしても中の人が多すぎて、見つけ出すことも難しく、なんと!悲しいかな二人のゴールは「応援ナビ」で確認したのだ。

2016-03-13 12.48.01

ゴールしたところすら見られなかったので、なんとしても見つけないとならないと大急ぎで、ぐるっと先回りして、待ち伏せをする。

そして三沢さんを発見!

「お疲れー!」の一枚。

とっても良い笑顔だった。

 

2016-03-13 12.58.26

 

そのあとすぐに林口さん発見!しかし写真は撮り逃してしまったので、出てきてからの二人。

2016-03-13 13.21.30

ちなみに今年に入ってから、故障者が多くトレランも一度もやっていない、この日まで個人でも10キロ以上も走っていなかったらしい。

走っていないのに、いきなりフルマラソンで完走。しかも早い!さすがです。

こういった大会に行くと常々思うのだが、トレラン部の人達って本当にレベル高いと思う。

しかもトレランで山の中を5時間以上走ったあとも、普通の足取りなのに、フルマラソンだと、なぜかまともに歩けないから不思議。

やっぱり土の上とアスファルトでは、足への負担が違うようだ。

 

今日のありがとう☆☆☆

皆さん完走おめでとう!お疲れ様でーす。今日は楽しめました。ありがとう。

The Author