横浜トライアスロン2017 DNFだったけど感想

横浜トライアスロン2017 DNFだったけど感想

5月 15 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

5/13日におこなわれた横浜トライアスロンに参加してきた。

横浜のトライアスロンは国際大会なので、1,600人もの人か集まる人気の大会で、しかも制限時間が厳しいので上級者の大会と言われている。

けれど、私もそれなりに練習をしてきたので、スイムさえクリアーできればなんとか完走できるのでは?と考えての参加だった。

スイムの制限時間は1周あたり22分半(2周する)

170215縦エリートパラコース図

まず私は第8ウエーブ(1組×150名程度の8組目のスタート)で、9時50分に100メートルの試泳を行ってそのまま、本番のスイムスタートになる。

試泳の場所は、本番とは反対側で、まさにレースが行われている最中。

写真は、レース側で四角く浮かんでいるのが、折り返しの目印になっているブイ。

2017-05-14 08.43.21

ウエーブとウエーブの間はたったの5分程度の空き。

 

ポンツーンと言われる、仮設のスイムエントリーする場所に入るために、並んでいるとあっという間に順番がきた。

18516319_1227427597366266_1222347530_n

試泳位置に移動。めっちゃ緊張するので、周囲の人とテンション上げるために話しかけてみる。

さらにテンション上げるために、知らない四人の女性と握手と、ハイタッチをしてみた。

18471374_1227427660699593_612715019_n

で、そのまま雪崩式に海水にドボン。飛び込みは禁止だけど、高さがないだけで、掴まるところもないので、足からの飛び込み状態になる。

170215縦エリートパラコース図

ここでも団子状態で固まって入って行くので、周囲の人たちとぶつかるし、触られるし、私はそういったことが気になってしょうがないが、そこそこちゃんと泳げてあっという間に終了。

 

18492162_1227427687366257_1221873525_n

そのまま、反対側に移動して、前のウエーブの人たちから5分後のスタートとなる。

私は青いキャップで、オレンジキャップは前のウエーブの人たち。

 

今までのトライアスロンやアクアスロンは、一番後ろの一番端っこからスタートしていたのだけど、今回は制限時間が厳しいので、皆の流れに乗ってしまいたかった。

そのため私は、勇気を振り絞って、中央の二番目の列に陣取った。

ちょうどこのあたり。

18516341_1227427717366254_1966113129_n

ただしあとで考えると、これが作戦失敗という感じ。

スイムスタート直後から、最初は私も勢い付けて出たものの、ぶつかる、上に乗られる、息継ぎすると、芋洗い状態になっているから、波が荒立っていて水を飲む。

しかも水中は自分の手先も見えないという最悪な状態に。

こうなると、何が飛んでくるかわからないので非常に怖い。

で、ちょっと作成変更で平泳ぎのまま、人の波を避けるために端っこにズレた。

しかし頭の中では、顔を出して泳いでいる場合では無いと、気持はドンドン焦ってくる。

気を取り直して、再度クロールで泳ぎ出すものの、そもそもの人数が多いためすぐに他の人と近づいてしまう。

でも、なんとか第一ブイの近くまで来てホッとした。

星印がブイのあるところで、三つのブイをまわってポンツーンに戻るという流れ。

170215縦エリートパラコース図

私は三角形の位置まで来たところで事件発生。

つづきはまた明日。

The Author