vol.03 相手のことを常に思いやる。ご縁の仕掛け人T.I氏(みなとみらい夢ツアー)

vol.03 相手のことを常に思いやる。ご縁の仕掛け人T.I氏(みなとみらい夢ツアー)

10月 23 2017 - みなとみらい夢ツアー
Pocket

 

人は何らかの判断をするときに、自分にとって利益のあることか?それとも不利益につながるか?と、つい自分を中心に物事を判断してしまう。

しかし安易な自己中心的判断は、ときに他者に不利益を与えたり迷惑を掛けたりすることかもしれない。

 

自分の目標を達成するためや自分の正義のためだけでなく、その判断は相手のためになることなのかと考え、相手にも自分にとってもプラスになるようにするのが利他主義というものだ。

 

そしてこの世には原理原則というものがあり、皆のためになる行いをしている者が、結果的に永きにわたって繁栄するようにできていると再認識した時間でもあった。

 

 

今回みなとみらいツアーに、ご参加いただいたのは、超利他主義で、人柄抜群のT.Iさん。

 

T.Iさんは、外資系にお勤めのモックン似の男前。(モックン=芸能人の本木雅弘)

見た目も性格も素晴らしいお方♡

 

 

そして。。

 

PA221457

 

スタイル良くて、まるで俳優のようなT.Iさん。

 

私が「モックンに似ていると言われませんか?」

と、撮影しながら問いかけると、

 

「いえいえ、自分で認識しているのは、エスパー伊藤です」

と、謙虚な姿勢と女性を笑わせる、心遣いも忘れない。

 

 

PA221464

 

男性のローキーの写真は本当に素敵。

 

ローキーにしては光の演出が足りないのだけど(ローキーとは、撮影の技術で、暗めに設定して被写体に対して、光の演出をする方法)

やっぱり男性は黒がキリッとしまって、似合う。

 

PA221486

 

こんな楽しいツアーで良いのだろうか?

 

そもそもこのツアーの主旨は、私自身がこんなサービスがあったら嬉しいなと考えたツアーだ。

出張に行ったり一人旅をしたりするときも、現地で誰かと会えるのが決まっていたら楽しいし、短い時間で、相手に気を遣わずに、サクッと現地の観光ができたり、お茶ができたりしたら最高だなと考えてスタートさせた。

ところが早くもこのツアーは、私の趣味や余暇を充実させるためのような、私自身が一番楽しい、嬉しい企画となっているwww

 

 

PA221445

 

この日は、超大型の台風21号が接近している日で、大雨のため一切屋外を歩き回れなかったので、みなとみらいのクイーンズスクエアとランドマークプラザ内のお散歩。

人混みを避け、男性っぽい撮影ポイントを探しつつ、お話ししながら歩いた。

結果的には行動範囲を広げることは出来なかったものの、のんびり食事をする時間がとれたので、私にとってはほとんどデートに近いラッキーな1日となった。

 

PA221533

 

T.Iさんは、自分の友人や知人同士を繋げることがとても好きで、それ自体が自分のやりがいや生きがいになっていると言う。

 

世界には70億以上の人間がいるが、一生の間に出会う 人は一瞬のすれ違いをなどもすべてカウントしても 限られている。

そんなご縁を大切にしようと心がけているうちに、出会う方々のために、どんなことをすれば役に立てるのか?と習慣的に考えるようになったとか。

自分一人では、人のために提供できる時間や能力は限られている。しかし、自分の知人や友人同士を引き合わせることで、そこからビジネスに繋がったり、新たなシナジーが生まれたりするのではないか?

それが自分が世の中に貢献できることではないか?という考えのもと、忙しく精力的な日々を過ごしている。

 

本来、人を紹介するのは、なにか後々問題があったりすることもあるし、自分にとって分かりやすい利益も発生しない。

時間も気も手間も掛かるわけで、本当に大変なことだ。

それでも自分を介して素敵な友人・知人同士が繋がってくれることで、狙った意図が功を奏して、利益を最大化してくれることが、何よりも喜びを感じるという。

 

そんな素敵なご縁の仕掛け人であるT.Iさんは、私にもこのツアーの翌日には、ビジネスにも繋がるような提案をしてくれたりした。

さらにツアー中に話題に上がった、私の友人向けに、早速すてきな方を紹介してくれたり、完璧なまでの利他主義には、本当にビックリしてしまった。

本当に希有なお方。。

 

台風のなかご参加いただきありがとうございます!!

私自身もこのご縁を大切にさせていただきます!

 

みなとみらいツアーに関する案内はこちら

是非お申し込みください。

(2017年10月現在)11月は平日であれば、まだ2,3名様は可能です。

12月の週末も空きが残り少なくなってきています。早めにお申し込みくださいませ。

The Author