性善説と性悪説、どちらでもない。

性善説と性悪説、どちらでもない。

7月 29 2016 - 1,未分類記事
Pocket

世の中に故意に誰かをおとしめようなんて考えて、実際に行動する人なんてほとんどいないと思う。利己/利他的も同様で、自分のことばかり考えている人なんてほとんどいない。

でもどうして性悪や利己的だと相手を感じるときがあるのだろうか。

単純にたぶん向いている方向が合わないだけだと思う(違う場合もあるが・・・)

AさんにとってはBさんの行動が、利他的な考えや行動だったとしても、Bさんにとっては、逆にAさんの行動が利己的だと感じているかもしれないからだ。

見ている方向が違えば簡単にそういったエラーは起こる。

例えばよくある話で、社長はお客さんのことを考えて、行動をしていた。しかしそれが社員にとっては、無理難題で社員からすると自分たちのことを少しも考えてくれていないように感じる。

家庭の中でもよくあると思う。夫は自分が社会的地位の向上が、結果的に家族に良いことだと思い一生懸命働いて、勉強もしている。しかし妻からすると家族を振り返らない身勝手な人だと。

だから実は小さな単位、友人や家族小さな仕事グループでも思いの摺り合わせって大事だ。

俺についてこい的な強力なカリスマ性でもあるなら別かもしれないが、そんな人も多くないし。

ビジネス書にもよく出てくるフレーズがある。「誰をバスに乗せるか」という話。中小企業の社長の一番大切な仕事だともいう。

どんな人材に会社や何らかの組織というバスに乗り込んでもらって、同じ方向を向いて走って行けるか、一番のポイントだと思う。

フリーランスでも同様で、どのような人たちとチームを組んで仕事をしていくか。同じ方向を向けない人が入っていると、後々その人に時間を取られてしまうなんてことがあった。

本当に誰とどんな人たちと同じバスに乗り合わせるかは重要だ。

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-07-29 04.46.51

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計44022/誤差-12515 字/今日の達成字数87

今週末はガッツリ書く!と書いていたけど、週末も仕事。あちゃ-。明日の午前中仕事をやってしまおう。

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/スクワット50/スイム55分

☆今日のありがとう

今日は朝から仕事の良い話の連続でした。皆さん本当にありがとうございます。

The Author